何の話題でもOK!★気軽にコメント・TB大歓迎★


by kats
カレンダー

<   2010年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

最後のビッグ大会

今日は今年度最後の大きなレスリング大会。我が家の息子2人も小学生として最後の大きな大会。3月に県大会はありますがBIGとしては実質最後かも。今年度のレスリング大会は仕事と重なり行ったのはゼロ。毎回行くのは大変かもしれませんが、行けるうちが華だし、選手たちの成長を見られないのが残念。それに我がクラブのOBが中学生大会に出て4月からは名門レスリング校に進学。そういうこともあり、今回は特に見に行きたかったなぁ。明日からは私は遠征。仕事の前日は自分の調整。見には行きたいのですが自分のパターンは変えられません。遠い場所へ朝から晩までは、かなり疲れるのも事実。近ければチョッと見に行きたいところなのですが。年々レベルが上がっていてチビッ子レスラーの人口も増えていて会場も超満員のようです。帰ってきたらビデオを見ます。私は今から室内トレーニング場で明日からに備えて調整してきます。
[PR]
by spaulding | 2010-02-28 10:15 | レスリング
小さい頃からの親からの教え、関わってきた人の教え、環境、時代などで私、人それぞれの考えはあるのですが、スポーツ好きの私は今回の五輪、昨年のWBCなどを見て少しだけ考え方が変わったというか、こんな考えもあるのかと勉強になりました。
何でも一流を目指すなら、それ1本にしなくちゃいけないのかも。スポーツで頂点を目指すなら勉強しなくても良いのかも。私は中高生なら勉強も大事と考えていました。しかし、日本一を目指すなら勉強してる暇もないのかもしれません。五輪、それも金メダルを目指すなら家族もその子のために犠牲になるくらいじゃなくちゃ。レスリング付けの毎日で筋肉モリモリ、減量もOKか?夢は博士か大臣なら幼児の頃から鉢巻き巻いて塾通い、国も国家を上げて優秀な選手、頭脳の持ち主に、良い環境を与えなくちゃダメなのかも。私も遊びは人一倍好きですが、レスリングで日本一を目指した時、競輪選手を目指した時は、他のことは考えずに無我夢中に練習したし管理されていたと思います。身近では受験生。中学、高校、大学など受験で目指す学校が決まれば、勉強一本にしなければ真剣じゃないのかもしれません。

[PR]
by spaulding | 2010-02-27 17:53 | Anything

プレッシャー

まずはキムヨナ選手、金メダルおめでとう。浅田真央選手も銀メダルおめでとう。今日のために生きたきたと言っても大げさじゃないかも。ライブ中継を見ていました。キムヨナは強いと言われ、凄いプレッシャーの中での金。何の競技でも同じだと思いますが強いと期待されると本当に緊張の毎日。勝たなくちゃいけない、負けられないとか色々考えることでしょう。逆に挑戦者なら気持ちが楽。プレシャーから一瞬でも解放された選手たち。力が抜けてホッとしていることでしょう。ゆっくり休んで下さい。
[PR]
by spaulding | 2010-02-26 14:35 | スポーツ

お金はかかる

勉強でもスポーツでも一流を目指すには多額のお金がかかります。オリンピック代表になるには施設、合宿、指導者、身に付けるもの、身体のケアなどさまざま。少し前に「仕分け」どこにお金をかけて、どこには必要じゃないとかやっていましたが、スポーツでは、あまりメジャーではない競技にはお金は出ないみたいです。さっきテレビでもやっていましたが、五輪にかけるお金の予算は、日本は本当に少ない。選手が自分で働いて自分にお金をかけていたら疲れるし、練習時間も少なくなるし、競技だけに集中できないと思います。最近思うのは能力意外に国のサポートとか協力も無ければ世界には通用しなくなってきていると感じます。私はずっと体育会系で生きてきたので、スポーツや一流選手にたくさんのお金を出してやったり、選手が安心して競技できる環境にして欲しいと思います。
[PR]
by spaulding | 2010-02-25 11:27 | スポーツ

文句言われなきゃ

フィギュア男子で金メダルを獲ったライサチェック(米国)に銀のプルシェンコ(ロシア)が「採点システムは変更されるべきだ。五輪王者が4回転ジャンプの跳び方を知らないならば、男子シングルではなくアイスダンスに名前を変えなくてはならない」と負け惜しみの発言。これを聞いたライサチェックは残念に思ったようです。それはそう、目標としてきた選手に祝福されないでこんなこと言われるなんて。負けて悔しいのは分かりますが銀メダリストの言う事じゃありません。でも、どこの世界でも文句を言われるようになれば認められた証拠。子供の頃、いや今も「あの子は運動は凄いけど勉強はできないね」なんてこと聞きましたが、その子は認められてるということ。甲子園に出る学校には「勉強しないで野球だけやってるから」と聞きますが、じゃー同じにやって甲子園出てみればってこと。批判が多いほど一流です。仮に文句言うなら勝ってから言えってことです。
f0044518_9174241.jpg

[PR]
by spaulding | 2010-02-21 09:10 | Anything

初めての体験

2日前、初めてのことを体験しました。何でも初めてというのは覚えていて、
初めてのレスリングは自衛隊体育学校へ一人で練習へ行きました。高校からレスリングをやるという事で自宅から近かった自衛隊に大人相手に練習へ行ったものです。今考えると凄いな。今でもそうですが、知らない場所へ1人でも行ける私です。
初めて飛行機に乗ったのは高校2年の冬。レスリングの親善試合でアメリカへ行き、海外も初めてでした。
競輪の初出走は青森競輪場。5着でしたが無我夢中でただ走っただけの感じでした。
自分での初めての葬式は昨年の親父。もっと安く出来たと思います。親父のことだから天国から「俺に金かけないで、家族で使えよ」って言ってるんじゃないかな?これは私の勝手な想像。

本題に戻って麻雀歴は長くはありませんが初めての「地和(チーホー)」を経験。
子の場合のみ成立する。
配牌終了時に聴牌(テンパイ)していて、第1ツモ牌で上がれる。
特に役が無くても良い。
第1ツモまでに他家から鳴き(ポン・チー・カン)が入ると成立しない。

配パイを見たらピンフでテンパイ、それも3,6ピンの6ピンで一通。ツモったのは3ピン。
ダブルリーチは何回かありましたが地和は初めての経験。過去に他にやられたことは1度ありましたが。
同じ役満でも地和はなかなか出来ないものです。死ぬまでにもう1度あるかな?
という事で変な初体験でした。

[PR]
by spaulding | 2010-02-20 21:01 | 出来事

冬季五輪

只今、バンクーバー五輪真っ最中、私の中での冬季五輪の思い出は?
1番は1972年札幌、70m級ジャンプで笠谷幸生が金。銀に金野、銅に青地。日本中が騒いだのを覚えています。

1980年レークプラシッド、フィギュアの渡部絵美。すごく可愛い選手でクラスの女性人気投票で1位になりました。

1984年サラエボではスピードスケート500m、絶好調の黒岩彰が天候不良と不利のアウトスタートで惨敗。代わりに無名の北沢欣浩が銀。彼を周りは一発屋と言っていました。
しかし、黒岩は1988年カルガリーで同じアウトスタートで銅メダル。雪辱した彼は凄かった。

最近では清水宏保、荒川静香かな。

今は今回も活躍しているアメリカのスピードスケートで黒人選手のシャニー・デービス。本当に速い。
違った意味でのスノボー国母和宏。みんな凄い選手ばかりです。

[PR]
by spaulding | 2010-02-19 16:33 | スポーツ

数少ない体調

昨日まで地元を出走。走った感じは最近になく良かったかな。若い頃と比べて調子が悪いというか弱いというか思ったようにスピードが出ないことが多くなっています。今回は足の筋肉を触っても柔らかい感じ。ホント触るだけでいつもと感じが違いました。特別な練習や変わったことはやってこなかったのに。調子が悪い時は筋肉も硬い感じ。でも悲しいかな、最近は負けのイメージばかり浮かんできます。競輪は展開がカギを握ります。どんなに調子が良くても後方に置かれては勝つことができません。競輪界の格言で「競輪とストリップは前々」と言われるくらいです。逆に調子が悪くても前方にいることができれば大敗はありません。難しく、頭の使う、そして面白いスポーツです。これから毎週レースが続きますが、疲れるなぁ。でも仕事があることに感謝しなくてはいけません。
[PR]
by spaulding | 2010-02-16 08:20 | 競輪

はや1年

昨日は親父が亡くなってちょうど1年。本当に時の経つのは早い。1年前のことを思い出しました。葬式、法事など知らないことも経験し、今まで考えたことのないことも考えたりした1年でした。生きているうちは、せっかくこの世にいるんだから色んなことしようと思います。葬式、法事、墓、病院での入院など人が亡くなるとお金もかかることも知りました。映画「おくりびと」も観る予定ではありませんでしたが、そんな訳で観たし、テレビで見たこともなかった葬式関係の番組、御墓のこと、寺のことなども勉強。

親父は私に健康な身体をくれたのが1番のプレゼント。そして厳しく育ててくれたので、少しの事じゃ、へこたないし落ち込むこともありません。あとは母、弟、私の家族が健康で仲良くやっていけば親父も天国から安心していられるでしょう。

[PR]
by spaulding | 2010-02-12 08:08 | Anything

国母が入村式欠席

f0044518_032186.jpgスノボーで五輪に出る、国母和宏が入村式欠席。当たり前。日本の代表が、だらしない服装、格好で、本当にカッコ悪いし、見ていて気分が悪い。その後の記者会見でも、まるっきり反省の色なし。日本はどうなっちゃたの?あんな奴を許してきた周りの大人も悪い。強けりゃ良い?強い奴には何にも言えないの?スノボー界の偉い人は何してるの?スノボー選手って、ああいう奴が多いの?悪いけど今の私にはスノボーの良いイメージが湧いてこない。俺の子供、教え子が、あんなカッコして公の場に出てきたらタダじゃおかない。普段チャラオでも、まあ許す。しかし決めるところで決めない奴は絶対にダメだ。五輪に出る青年が、そこらの不良のアンちゃんと同じに見えるなんて絶対におかしい。本当に嫌なニュースで気分が悪い。
[PR]
by spaulding | 2010-02-11 23:39 | 喝!